【レッスン6】やることが多すぎ、終わらない…ですか?

今日も一日一運レッスンにお越しいただきありがとうございます。

 

やるべきことが、終わらないこともある

昨夜はブログの更新をあきらめ、早々と寝てしまいました。

以前の私なら「どんなことがあっても、やるべきことをしないで寝ることはできない」と思っていました。

 

マジメというよりは、意固地に近い感じでしたね。やることをしないでおくことは、自分との約束を破るような気がして、そんな人間になるのが許せなかったのです。

 

ですが、年齢を重ねていくうちに『できない時もある』『今日やらなくても困らないのなら、明日に送ってもいい』と、思考をスリムにできるようにったのです。

 

そのことで、どんなよいことがあったか。

 

ひとつめに、睡眠時間をきちんと確保できるようになりました。

 

無理をしてどんなに夜遅くまで起きていても、起きる時間は変わりませんから、疲れがとれないまま一日が始まります。

 

そうすると、どうなるか。

 

頭がボーっとしたまま、午前中を過ごすことが多かったですね。

作業効率が非常に悪い。なので、結局は、前日に「やらないで寝る」方が、ずっと能率がよくなるという訳です。

 

 

優先順位を決められない

そんな私は、きっと「優先順位が決められない」人なのです。

 

そして、優先順位を決めたとしてもその通りに行動できない。あちらこちらに気が散ってしまうタイプ。よく言えば直感型。

 

なので、優先順位を決めて計画通りにきちんと行動できる人には、今日の私のコラムはあまりピンとこないかもしれませんね。

その反対に、私のように、その時その時にピンときたことを、片っ端から試したい人には、「うんうん。わかるわかる」と、理解していただけるかもしれません。

 

これほどでに私のようなタイプには、優先順位を決めるということは、非常にハードルが高いのです。(そしてそれは、もって生まれた性質でもあるのです)

 

小学生の頃から(いや、もっと以前からかもしれません)、段取りとか準備の大切さをとくとくと教えられてきたのに、いまだ分からない私。

 

そんな私がたどり着いた、段取りの方法。

 

それは……。

 

やるべきことの優先順位ではなく、やらないことをまず決める。ということ。

 

 

減らすとこころがラクになる

私にとっては「やってもやっても、やることが減らない現象」自体が苦手で、「やるべきこと」が常にある状況にあることがストレスになっていました。

 

ひとつが終わっても、また目の前にひとつ山が現れる…。そんなことを繰り返していると、いったい何が自分にとって必要なのか、そうじゃないのか。感覚がマヒするのです。

 

もちろん、そうじゃない人もたくさんいるでしょう。

出来ないことが理解できない人も、いっぱいいることでしょう。

 

私の場合は、両親や家族は全員、計画的にきちんと行動できるタイプだったので、私の「できないことによる苦労」を理解してもらえませんでした。

 

そんな私が大人になって(しかもここ数年の間に)、自分で決めて実行して、ものすごくラクになったこと。

それがこれでした。

 

そもそも『やるべきこと』の数を減らそう。

 

 

本当に大事なものだけでいい

 

ひとまず、やりたいことを書き出します。

その後、その中から、今日はしなくてもいいことをリストアップします。

そして、今日中にやらないといけないことをリストアップします。これは、締切があるものなどです。

それから、今日中にやらなくてもいいけど、近いうちにやっておくべきことを書き出します。

 

しなくてもいいことが明確になることで、心の荷物が降りた気がするんですよね。

 

ここで重要なのは「しなくてもいいよ」と、自分で自分に許可を出すということ。

しなくてもいい。でもしてもいい。

どっちでもいいよ。

 

白か黒かハッキリさせずに、グレーを生活に取り入れることで、気持ちがラクになるのですね。

ここで大事なのは

「する」と「しない」の中間、「どっちでもいい」を設けること。

 

 

今日の「一日ひとつ」は……

 

さて、気持ちの上では「どっちでもいいよ」と自分を許すけれども、それだけでは行動に締まりがなくなる可能性があります。

そのために、行動では「大事なものを選択する」クセをつけましょう。

 

自分を甘やかしてもいいけど、歯止めがきかなくなるのは、社会人として困りますからね。

 

そこで今日の「一日ひとつ」はこれ。

冷蔵庫の不用品を処分する。

 

片付けやモノを捨てるのが得意な人は、常日頃から冷蔵庫の中も整理されていることでしょうが、冷蔵庫の中って、割と何でも詰め込んでしまいがち。

気が付いたら、要らないものが入ってる…ということも、あるのではないでしょうか。

 

それだけ冷蔵庫には、いろんなものがインプットされがちなんですよね。

あなたはいま、自宅の冷蔵庫に何がどれだけ入っているのか、ちゃんと把握していますか?

 

特に、私のように、物事の優先順位をつけるのが苦手な人は、わりと簡単に整理整頓ができる冷蔵庫の中から、モノを減らしましょう。

本当に必要なものだけが揃った冷蔵庫は、きっとスッキリ整理された思考と同じようになることでしょう。

 

こんなふうに、ささやかなことが、人生を変える一歩になるはずです。

 

 

それでは、今日はこのへんで。
あなたの人生が豊かで幸せなものでありますよう、お祈り申し上げます。

 

ふだもとみほ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です