【レッスン12】幸せの大前提


今日も一日一運レッスンにお越しいただきありがとうございます。

 

 

これをしたら幸運が逃げていく

運気が下がる原因はいくつかありますが、まず「これをやったら、確実に運気が落ちる」という、ご法度があります。

あなたが、幸運を引き寄せたいと思っているのなら、絶対にしてはならないことです。

それは……。

 

 

他人の悪口を言うこと。

 

 

と、こういう話をすると「私は悪口を言ったことがない」と胸を張る人もいるかもしれませんが、厳密にいうと「その人のいない場所で、その人の話をする」のも悪口の部類に入りますよ。

 

ただし、さまざまな感情があるのが人間ですよね。

なので、心の中で「あの人はいやだなあ」とか「嫌いだ」と、あなたがもし思ったとしても、自分を責めることはありません。

 

 

ここで大事なのは、その「悪口」を、自分の口を通じて他の人にそれを聞かせないこと。

悪口・陰口は、あなたの運気を知らない間に、じわじわと、しかし確実に落としてしまうのですよ。

まるで気づかないままパソコンの中に潜むウィルスのように、気づいた時には取り返しのつかない状況になってしまうかもしれないのです。

 

 

悪口を言う人の末路

実は、私も以前は、誰かの噂話や陰口をたくさん、自分の口からたくさん発していました。

特に女性だけの職場に勤めていた時は、もう、毎日のように誰かの悪口を言っていた気がします。

いま振り返ると、恐ろしいですよね。

 

 

当時の私には、罪の意識はまったくありませんでした。

なぜなら、

当時はそれが、コミュニケーションのひとつだと信じていたから、なのです。

環境が作り出す【常識】とは、本当にこわいものです。

人間は同じ行動、同じ言葉を共有し合える相手を、潜在意識で仲間と認識してしまいます。

なので、同じ職場で一緒に過ごす時間が長くなるうちに「同じ人の悪口を共有するのは、自分たちが仲良しということなのだ」と、そうなってしまうのですね。

 

 

私はもう、何がよいことか悪い事か、感覚がマヒしてしまっていたので、あちらこちらで流されるまま軽口をたたくようになっていました。

本当に、ただ調子が良いだけの、嫌なヤツでした。

 

 

そうなると、どうなるのか…。あなたなら、もうお分かりかもしれませんね。

いつしか私も、自分がいない場所では悪口を言われるようになり、しまいには心を許せる人がひとりもいなくなってしまったのです。

 

 

まあ、当然といえば当然ですね。

 

 

あなたの口から出る言葉

 

さあ、他人の悪口を言うとどうなっていくのか。

まずは『誰も寄り付かなくなる』ということがお分かりになったことでしょう。

【負の感情】はとても強烈なエネルギーを持っているので、最初は目をつぶって付き合ってくれた人たちも、徐々にそのエネルギーに負けて去っていきます。

 

 

そしてその先には何が待っているかというと。

その次は【同じような人が寄ってくる】のです。

マイナスのエネルギーには同じようにマイナスのエネルギーの人が吸い寄せられます。

なので、たちまち、同じように悪口を言う人たちで取り囲まれることになるでしょう。

 

 

しかしそれは、同じ言動を共有する【仲間】なので、本人たちはわりと居心地がよかったりします。不思議ですね。

でも、負のエネルギーは、あなたの運気を、ただただ奪っていくだけということは、もうお分かりになるでしょう。

 

 

負の感情に負けるのはなぜ?

 

「悪口を言うのは良くない」と頭ではわかっているのに、どうしても言ってしまう…。

毎日、グチグチ言ってしまって、困っている…。

という人もいるかもしれませんね。

 

 

ここで知ってほしいのは、悪口を言う「あなた」が悪いのではないということです。

問題なのは【悪口を言ってしまう】という行為そのものです。

 

 

他人のアラや細かい点が気になって、誰かに言わずにいられない。

そんな時、そこに少しでも【悪意】や【いじわる】な感情があるのなら、あなたはいま、自分に満足していないのです。

自分の現状が不満だらけなので、他人のイヤなところを通して自分の感情をまき散らしているのです。

 

 

憶えていてください。

幸福な人は、他人のことをあれこれ言わないものです。

もし今、誰かのことをグチグチ、ネチネチ言いたくなっているなら、あなたは不満でこころがいっぱいになっているのです。

 

 

今日の「一日ひとつ」は……

 

誰かのことを陰でこそこそ言いたくなった。もしくは、誰かを見てイライラする…。という時。

そういう時こそ、あなたは自分にフォーカスした方がよいのです。

 

 

その相手を通じて、あなたは自分の中の不満を爆発させているだけだからです。

 

 

そんな今日の、一運のための一つは…。

鏡を磨く。

 

 

もしもあなたが、自分以外の他者のことで感情が混乱しているのなら、ぜひ、鏡を磨いてください。

そこに映る自分は、どんな表情をしていますか?

幸せそうでしょうか。嬉しそうでしょうか。

 

そういう時こそ、自分と向き合う時間が大切なのです。

 

こんなふうに、ささやかなことが、人生を変える一歩になるはずです。

 

 

それでは、今日はこのへんで。
あなたの人生が豊かで幸せなものでありますよう、お祈り申し上げます。

 

ふだもとみほ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です