【普通でいい】は、あなたを閉じ込める​​​​​​​

昨年は社会情勢もあり、イベントがほとんど開催されなくなり、
それに伴って私自身もイベントに出ることが少なくなりました。
(もともと、もうイベント出店を控えようと思っていたのもあったし)
それから、思うことあって、もう今年からはイベント等参加は考えないことにしました。

 

おかげさまで、
3月の個人セッションも残り枠少なくなりましたし、
自分の熱量は1対1のセッションに全て注ぎ込もうと思うのです。
だって、お申し込みくださる方の
真剣さも、まるで違います。
ここで運命を変えたい!
いま、幸せになる!
という意気込みさえ感じることがあるほどです。

 

それと比べるわけではないのですが、
イベント等で聞く相談は、
◉私に彼氏はできますか?
◉私は結婚できますか?
◉私は成功できますか?
なんだか「おみくじを引く感覚」の質問が多いのですよね。
それはそれで、楽しみにされている人もいるのでしょうが、
私にとってはなんだか物足りない。

 

そして「どんな人がいいのですか?」
「どんな結婚がしたいのですか?」
「どうなったら成功していると感じるのですか?」
と話を具体的に聞いていくと
『普通でいいんです』
と返ってくることが多いのですよね。

​​​​​​​

…………
……………
………………
いやいやいやいや!!
【普通】ってなんなの??

 

その前に。
あなたは、本気で恋人がほしいのですか?
あなたは、本気で結婚したいのですか?
あなたは、本気で成功したいのですか?
と、私は声を大にして聞きたいわ。

 

本当にそう思っているのなら、あなたはまず
それを邪魔する【普通でいい】思考
あなたの根っこにあるんだということに、
気づくべきでしょう。

まずは、
「普通の幸せがほしいです」の
普通
が、どこからきているのか?
どういう状態が普通なのか?
そしてそれは、どうして普通と思うのか?

 

ちゃんと、じっくり考える必要があるでしょう。
(いや、ホントに考えてほしいのよ)

 

だいたい、「普通」の結婚とか、「普通」の恋愛とか、ないのですよ。
だってね、
恋愛は、いつもの自分じゃない状態になるものだし、
結婚は、他人と暮らすことを『日常』にするという、“普通を超えた”状態です。

 

なので、結婚や恋愛は
とてもエネルギーが必要だし、
あなたをとても変化させてしまうものごとなのです。

 

あなたが、変化を受け入れる覚悟ができていなければ、
せっかくの出逢いも、それ以上に発展しないかも、しれません。
じゃあ、思考を変えるにはどうしたらいいかって?
それはね、無意識の自分を知ることなんですよ。
なぜ、あなたが
何の気なしに
【普通でいい】と言ってしまえるのか。
まずそこから、掘り下げなければね。

 

それさえもしないでおいて、
あなたが望む未来へと、たどりつけるのでしょうか。
私はとっても、不安でなりません。

 

もしかしたら、自分自身と向き合わないのにも理由があるのかもしれませんよ。
【普通でいい】は
あなたを閉じ込める
一見便利だけど、根深いワードです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です