大切なことを話して【いい人・ダメな人】​​​​​​​

悩んでいるとき、
困っている時。
自分ではどうしようもないくらい、
気持ちが混乱している……。
もしあなたがそんな状態なら、一刻も早くどうにかしたいと願うことでしょう。

 

そうなのですが、 
そんな時に限って、
◉言わなくてもいい一言が口から出る
◉やらなくてもいいことを、やってしまう
◉やらないといけないことも、できなくなる
など、
普通では考えられない行動をしてしまうものですね。

 

だって、
冷静でいられないんだもの。
どうしたらいいのか、わからないんだもの。
と、感情に脳のすべてが支配されている時に、
人間はたいがい
いつにないミス
をしてしまいます!!

 

感情に身をまかせて行動を起こすと、
なぜ痛恨のミスをしてしまうのか、というと。
答えは実に簡単で、
視野が非常に狭くなってしまうから、なんですね。

 

「怒りの矛先」とはよく表現したもので、
ほんっと、矛先ですよ。そこしか見えなくなるんです。
だから、怒った後、どうなるかが想像できないんです。

 

そんなときに、私が効果的な解決だなと思うのはこれ。
アウトプットすること。
です。

 

感情でグチャグチャになっているのは、
現実の出来事と感情の区別ができないだけなので、
それを紐解くためには、
まずアウトプットが必要ですね。

​​​​​​​

ノートやメモに書くことは、
ひとりで出来るので、すぐに取り組めます。
そして、それよりもっと気持ちがスッキリするのは、
『信頼できる誰かに話を聞いてもらう』
ことです。

 

心理やコミュニケーションを学び、それを仕事にしている私だからこそ、
その有効性はいつも身にしみて感じます。
誰かに話すということは、精神安定にも繋がっているのですよね。

 

それで、ここで大事なのは
【その大切な話を誰にするのか?】
という相手選びです。

 

話す相手は慎重に選ばなければなりません。
なぜなら、相手によってその後の気持ちが大きく変わってくるからね。
自分が話したいのに、逆に話を被して返されるなんて人だと、
かえってストレスが溜まってしまいますよね。
それはいけません。

 

まあ、職業柄、やはりプロのカウンセラーに話して自分を整理することをお勧めしますが、もしそれ以外であれば。
私ならこんな人に話を聞いてもらうな、という基準があります。

 

私が話を聞いてもらうなら、こんな人。
それは、
【幸せな人】
です。
幸せな人は、相手の話を聞くだけの気持ちの余裕を持っていますからね。

 

【幸せな人】の判別材料としては、
自分が満たされていることの証として、
他者に寛大であること。
かなと、私フダミンは思います。
本当に幸せな人って、他人の幸せを心から願う人ですからね。
だから、
あなたの大切な話を打ち明けるなら、必ずそういう人にしましょう。
私はこれまで膨大な人と会い、お話をしてきましたが、
幸せなひとに意地悪な人はいませんよ。

 

あなたはこの世にたった一人の、大切なあなたです。
そんなあなたを、どうぞ大事に考えてくださる人とご縁がありますように。
あなたの心にパッと灯りをともすような、
そんな優しい方にこそ、大切な話をしましょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です