【結婚と月星座】相手が望むものを知ろう

夫=東京、
妻(私)=鹿児島
の遠距離婚を相変わらず継続しているフダミンです。

毎日のおはようLINEは欠かさず、
ほとんど毎晩のように電話で話しています。
なんですが!!
やっぱり、足りないわ〜〜。
どんだけでも話し足りない!!
今日あったあれこれや、自分が今なにを考えているのか。
そして、彼はそれについてどう考えているのか?

 

やっぱり、パートナーとのコミュニケーションは大事。
日常生活の中で欠かせないもの。
息をするように、私にとっては当たり前にあるもの。

 

こう感じるのは、ワタシが月天秤座だから、なのかもしれないなぁ。
嬉しいことも、そうじゃないことも、真っ先に伝えたいのはやっぱりオットで。
それができないのが、ものすごく寂しいなぁと思う。

 

さて、皆さんは自分の月星座を知っていますか?

 

月星座は日常や感情に、ダイレクトに影響を与えています。
ワタシは、夫という最愛のパートナーと離れて暮らすことになって、月星座の影響を心底感じているよ。
だって、天秤座はパートナーシップに重きをおく星座。

彼と結婚するまで、気づかなかったのだけど。
ワタシの中には、無意識に『パートナーシップ』というものが、重要な存在としてあったのだよね。
それはもう、ずーっとずーっと、自分の中に普通にあったものなのね。
そしてそれは、「立場は対等で互いを尊重できる相手」という、
いかにも天秤座らしい定義があったことに、
3回目の結婚にしてやっと気づいたの。

 

あはは。
3回目にしてかよ!!って声が聞こえてきそうだけど
ほんと、そうよね。遅いわ!って思う。

 

だからね、今のオットと結婚できて本当によかったわー。
ワタシの月天秤座にとっての「結婚」「パートナーシップ」の意味が、
ちゃんと腑に落ちたんだもん。

 

だから、私はもう、この結婚が最後の結婚です。
ザ・ラスト マリッジ!!!
(英語で言えばいいっちゅう問題じゃないww)

 

今でもいろんな人に言ってるけどね、
「私、今のオットと離婚することがあっても、もう誰かと結婚はしないなぁ」。
というのは、
わたしにとっての結婚の意味はもうわかったから。
理解できたから。です。
(あ、誤解のないように言いますが、離婚する気はありませんw)

 

こんな風にね、自分の月星座が本来の意味で満たされる結婚生活は、
びっくりするくらい、穏やかな自分になれるのよ。
ものすごく安心で健やかな感覚でいられるの。
これは女性だけじゃなく、きっと男性もそう。

 

なので、結婚について考える時、たとえば
どんな人が結婚相手に向いているのか
どんな結婚生活を望んでいるのか
私は何を結婚に望んでいるのか
なんてことを、ぼんやりとしか感じられない時には、
あなたの月星座を攻略してみるとよいかもしれません。

 

あなたの出生のホロスコープを見たらわかる、あなたの月星座。
牡羊座~魚座のどこかに、入っていますよ。

結婚生活は日常の繰り返し。
決して特別じゃない毎日を、たったひとりのパートナーとどうやって過ごしていくのがいいのか。
ちゃんと自分と向き合って、考えることは大切だよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です